消費財メーカーの導入事例

特徴

消費財メーカー

導入サービス

導入の経緯

社内の各部署が販促用サイトやキャンペーンサイトを独自に企画・運営している。セキュリティ担当部署が相談窓口として対応しているものの、各部署の担当者や外注先制作会社のセキュリティレベルがばらばらであり、すべてのサイトで一定のセキュリティレベルを確保することが難しい。また、セキュリティ担当部署への相談内容も多岐にわたり、件数も多いため、業務負荷を減らしたい。

お客様のニーズ

・すべてのサイトで一定のセキュリティレベルを確保したい
・セキュリティ担当部署の業務負荷を減らしたい

導入後

発注時に制作会社に提示するガイドラインを策定し、発注担当者へのガイドラインに関するトレーニングを実施することで、各部署の担当者や外注先制作会社のセキュリティレベルを向上、平準化することができた。また、WAFを導入することで、万が一、一定のセキュリティレベルに達しないサイトが公開されてしまった場合やキャンペーンサイトなど運用期間が短いサイトでセキュリティ対策コストをかけづらい場合の保険的対策を実施し、セキュリティ対策を強化。さらに、顧問契約により、話題の脆弱性の対策有無の判断等、各部署から相談されたセキュリティ担当部署で解決しきれない相談をスピーディーに解決できるようになり、セキュリティ担当部署の業務負担軽減にも貢献している。